オススメネット副業紹介ブログ|アンカーソン株式会社(篠崎昇)モバイルワーク

アンカーソン株式会社・モバイルワークは副業は初心者向き安全な副業

幅広い年代に門戸が開いている!「警備員」の仕事!

time 2021/03/21

会社員としての収入が物足りないと感じている人は多いと思います。どうすれば収入を上げられるかと考えたとき、まず「転職」を考える人がいるのではないでしょうか。

しかし、転職活動が成功しない場合は、無職になってしまうかもしれません。
また転職した先の会社が、以前の会社よりも環境が悪く、やめざるを得ないような状況に追い込まれるケースも考えられます。

リスクが高い転職を避けて、報酬アップを狙おうとすると、「副業」がいちばんの近道となります。
副業を得た収入を本業に足せば、ほとんどの場合、満足のいく収入になると思います。
たとえ月に3万円でも、4万円でも、副収入があるのはうれしいものです。そこで、会社員をしながらできる副業として「警備員」を紹介します。

警備員の仕事は多岐にわたり、雑踏警備、交通誘導警備、施設警備などがあります。たくさんの人が集まる場面で警備する仕事や、道路工事をしている場所で、事故が起こらないように人や車を誘導する仕事、またビルの警備などを行う仕事などです。
警備の仕事は地域を問わず、様々な場所に需要があるため、どこに住んでいる人でも、仕事を見つけやすいというメリットがあります。

また警備の仕事は「日払い」を採用している会社が多く、働いたその日にお金をもらえる可能性があります。
近々でお金が必要な人にとって、働いてからタイムラグなしにお金をもらえるのはうれしいのではないでしょうか。

また夜勤の警備のお仕事が多いのもメリットになります。
働きさえあれば、会社員としての日常の勤務を終えた後、仮眠をとって深夜の警備員の仕事をすることもできます。週に一度や二度の夜勤を組み込むことは、健康な方なら問題なくできるはずです。
また夜勤は深夜手当がつくため、報酬が高いのも魅力です。効率的にかなりの高報酬を得ることができるでしょう。

さらに、警備員の仕事に関しては、若い人を優先して採用するということがないため、中高年の副業にぴったりということになります。
40代でも、50代でも、警備員として採用されやすいため、何かとお金が必要な時期に、週末などを利用してお金を稼ぐことができます。

このように勤務時間が比較的自由で、採用される年代の幅も広い警備員の仕事は、会社員や店員、自営業者の副業として魅力的です。
深夜手当がつかない場合でも比較的報酬も高いため、週に一度か二度、勤務するだけで、かなりの収入アップにつながるのではないでしょうか。